「車をなるべく高く買取ってもらう方法を知りたい」これが解決します。
「処分したい車があるけれど、なるべく高く買い取ってもらう方法はないだろうか」といったお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。
そんな場合は、車の一括査定サイトの利用がおすすめです。国産車・外国車はもちろん、廃車や事故車、商用車、トラックなどを扱う車一括査定サイトもあるのでぜひチェックしておきましょう。

当ページで解決できること!

「車をなるべく高く買取ってもらう方法を知りたい」これが解決します。

おすすめの車一括査定サイト

手頃な価格と性能の良さで世界中から高い人気を誇る国産車は、車一括査定サイトを利用すると想像以上の高値が提示されるケースもあるようです。ここでは、国産車の売却においておすすめの車一括査定サイトをご紹介します。

国産車の一括査定ランキング

カーセンサー.net

カーセンサー

  1. 運営元は有名企業リクルート
  2. 最大30社からの見積もり
  3. 10項目の入力で無料査定依頼OK

ポイント

運営元が人材派遣・求人広告でも有名な大手企業リクルートであるカーセンサー。10項目の簡単入力で一括査定が依頼でき、一度の依頼で見積もりできる業者数は最大30社と非常に多いです。なお、株式会社リクルートマーケティングパートナーズは一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)の会員となっています。

ズバット車買取比較com

ズバット車買取比較com

  1. 累計利用者数200万人以上の実績
  2. お客様満足度部門などで1位
  3. 32秒の入力でクイック診断

ポイント

大手から地域密着の車買取会社までを網羅していて、正しく「かゆいところに手が届くシステム」といえます。!リピーターも多いようで、顧客満足度なども1位になっています。あなたにとって最適な車買取業者を全国の200社以上から厳選し、最大で10社をご紹介。

車査定比較com

車査定比較com

  1. 3部門でトップに輝いた実績
  2. 最大10社から見積もりできる
  3. 全国200社以上と提携

ポイント

提携する全国288社の車買い取り業者(2020年4月1日時点)から、最大10社の無料見積りができる車査定比較com。日本マーケティングリサーチ機構調べ(2020年1月調査)では「お客様満足度」「高価買取」「信頼と安心の比較サイト」の3部門でトップに輝きました。

ユーカーパック

ユーカーパック

  1. ユニークなオークション形式
  2. 業者に個人情報が漏れないので安心
  3. 売却手数料0円

ポイント

サイトの入力フォームもしくは電話から無料査定が依頼できるユーカーパック。査定後は提携する全国5,000社以上の買取業者に情報が公開され、買取オファー&入札がスタートします。その際、個人情報は漏れない仕組みとなっており、営業の心配もありません。売却先が決まった際も手数料は一切かからないのもポイントです。

楽天 無料愛車一括査定

楽天 無料愛車一括査定

  1. 買取相場のお知らせでベストな売却タイミングが検討できる
  2. 最大10社から見積もりできる
  3. 買取成立で楽天スーパーポイントプレゼント

ポイント

90秒の簡単査定で、全国100社以上の提携業者から、最大10社の無料見積もりが依頼できる楽天無料愛車一括査定(楽天Car)。現在ではなく将来的に車の売却を考えている方であれば、車の買取相場のお知らせメールを受け取り、ベストな売却タイミングを検討することもできます。また、一括査定申し込みで楽天スーパーポイントが5ポイント、成約後(買取成立)に1,500ポイントが付与されます。なお、楽天株式会社は一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)の会員です。

カービュー愛車買取査定

カービュー

  1. 利用人数は450万人以上
  2. 最大8社から見積りできる
  3. 45秒の簡単査定

ポイント

2000年のサービススタートより、450万人以上の利用実績を誇るカービュー愛車買取査定。車のメーカー、モデル、年式、走行距離を入力するだけで、提携する230社以上の中から最大8社の見積もりを受けることができます。なお、株式会社カービューは一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)の会員です。

外国車の一括査定ランキング

通常の買取業者だと査定ノウハウの不足から、あまり高値とはならないケースもあるのが外国車です。しっかりと高値で買い取ってもらうためにも、外国車(輸入車)に特化した一括査定サイトを利用することが得策です。

外車王

外車王

  1. 輸入車専門店ならではの評価基準
  2. 年間査定数15,000件以上
  3. 最短即日買取

ポイント

年間15,000件以上の査定数を誇る外車王。輸入車専門店ならではのノウハウを活かし、仕様や装備を詳細に評価した上で売却金額を決定します。最短即日で出張査定と買取が可能です。一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)の会員であり、公式ホームページにも二重査定やキャンセル料の請求等はないことが明記されています。

輸入車買取com

輸入車買取com

  1. 買取依頼実績10,000台
  2. 即日買取&即現金払い
  3. 出張査定は全国対応

ポイント

10,000台を超える買取依頼実績を誇る輸入車com。サイトほか、電話やLINEでの申し込みにも対応しており、出張査定を全国で実施しています。最短即日での買取も可能で、速やかな現金払いに対応している点も大きな特色です。なお、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)の会員なので安心感もあります。

廃車・事故車の一括査定ランキング

長年の使用や事故で動かなくなった車は「修理がとても高そう」「お金を出して廃車するしかない」と考える方が多いかもしれません。しかし、実は高値で売れる可能性があるのです。車一括査定サイトの中には廃車・事故車に特化したものもあるので、おすすめのサイトをご紹介します。

廃車買取.com

廃車買取.com

  1. 他社で断られた車でも申し込める
  2. 全国どこでも廃車費用はすべて無料
  3. 還付金が受け取れる

ポイント

引き取り手数料のほか、レッカー代、解体費用、手続き代行費用などが全て無料で利用できる廃車買取.com。他社で断られた車でも申し込むことができ、全国どこでも最短翌日の引き取りが可能です。また、自動車の査定額に加え、自動車税、重量税・自賠責保険などの還付金も受け取ることができます。

カーネクスト

カーネクスト

  1. 0円以上の買取保証
  2. 廃車費用は全て無料
  3. 商業車・ディーゼル車買取りにも対応

ポイント

レッカー代・書類代行など廃車費用がすべて無料のカーネクスト。0円以上での買取保証をしており、廃車の処理にお金がかかる心配もありません。引き取りは一部離島を除き、全国に対応しています。普通車はもちろん、ディーゼル社の買取を実施している点も特色のひとつです。

カービュー事故車買取

カービュー事故車買取

  1. 230社以上の提携加盟店
  2. 動かなくなった車もOK
  3. 450万人以上の利用実績

ポイント

全国230社以上の提携加盟店を持つカービュー事故車買取。事故車はもちろんのこと災害で動かなくなった車なども申し込み可能です。日本で初めて自動車一括査定サービスをスタートさせたカービューが運営元で、450万人以上の利用実績があります。なお、株式会社カービューは一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)の会員です。

トラック・商用車の一括査定ランキング

車一括査定サイトを利用できるのは普通車だけではありません。トラック、重機、バスなどの処分をご検討の方におすすめの車一括査定サイトをご紹介します。

トラック一括査定王

トラック一括査定王

  1. 厳選した業者から査定できる
  2. お断り代行もしてくれる
  3. ネットで申し込める

ポイント

トラック、バス、重機の査定が申し込めるトラック一括査定王。申し込みはネットで24時間365日できるだけでなく、電話にも対応しています。独自に厳選した5社に同時に査定することが可能です。売却先が決定した際の他社へのお断りの代行をしてくれるサービスも受けられます。

トラック王国

トラック王国

  1. 即日現金買取OK
  2. LINE査定に対応
  3. 掲載中も車両が使用できる

ポイント

ネットのほか、LINE査定にも対応しているトラック王国。最短3日というスピード成約の実績もあるほか、急ぎの場合は即日現金買取にも対応しています。掲載委託料は完全無料で、掲載中も車両の使用が可能です。

中古車の市場は拡大している

中古車市場拡大の根拠

中古車流通の市場規模
米国 英国 日本
約33兆円 約7兆円 約2.2兆円

日本の中古車流通の市場規模は約2.2兆円です。これに比べ、米国は約33兆円、英国は約7兆円です。
すなわち、日本の中古車の市場規模は、米国の10%以下、英国の30%以下であり、伸びしろは充分にあるといえます。

トレーサビリティー・サービスの展開に必要な取組みについて

引用元:国土交通省

中古車の輸出台数も過去最大に

自動車のアフターマーケットについては、ここ数年で順調に伸びています。また、2018の中古車輸出台数は、過去最高の132.7万台を達成しています。
よって、中古車市場の規模についても、データから読み解く限りでは、拡大傾向にあるといって良いでしょう。
自動車アフターマーケット市場

2018年の自動車アフターマーケット市場規模は前年比微増の19兆6,490億円~微増の中古車・部品・整備市場、シェアリングエコノミーを追い風に成長加速する賃貸市場~

引用元:矢野経済研究所

正しい車の査定が重要になる

消費者は、中古車のコストパフォーマンスの高さに気がつき始めています。こうした動きを健全な方向へと導くためには、中古車の価値の適正化が重要です。
すなわち、中古車の査定額の適切な算出が、市場の健全な成長には極めて大切といえます。

こうした状況下、大きな役割を果たすのが、ページ上部で紹介している、いわゆる「車の一括査定サイト」です。なぜなら、一括査定サイトを活用することで、複数の業者からの査定が容易となり、必然的に市場原理が作用するからです。

そもそも車の一括査定サイトって?

「処分したい車があるけれど、なるべく高く買い取ってもらう方法はないだろうか」といったお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

そんな場合は、車の一括査定サイトの利用がおすすめです。国産車・外国車はもちろん、廃車や事故車、商用車、トラックなどを扱う車一括査定サイトもあるのでぜひチェックしておきましょう。

車一括査定サイトを上手に利用するためには、そのメリットとデメリットやありがちなトラブル等を事前に把握しておくことが大切です。以下、車一括査定サイトについての詳細を解説します。

車一括査定サイトのメリット・デメリット

車一括査定サイトとは「売りたい車を、様々な買取業者に一括で査定してもらえるサイト」のことです。車一括査定サイトには、多くの買取店にいちいち連絡する手間が省けるだけでなく、車を高く売りたい方にもメリットがあります。まずは、車一括査定サイトのメリット・デメリットをチェックしましょう。

メリット:高く売れる業者を無料で選べる

一度の手間で複数の買取業者に査定してもらえる

車一括査定サイトを利用する際には、まず走行距離や車種など、売りたい車の情報や個人情報を入力します。入力した情報はサイト上で提携している複数の買取業者に送信され、すぐに査定を開始してくれるのです。それぞれの業者のホームページ上でいちいち情報を入力する手間が省けるため、効率的に査定してもらうことができます。

複数の買取業者の中から高価買取の業者が見つかる

車一括査定サイトを利用すると、提携する複数の買取業者が見積もりを出してくれるので、その中から高価買取の業者を簡単に見つけられる点が車一括査定サイトの大きな魅力と言えるでしょう。

価格競争でより高い査定額の提示も期待できる

車一括査定サイトを利用すると、提携する買取業者が他の買取業者の査定額を意識するため、価格競争が起きます。そのため、相場を下回る査定額になりにくく、高価買取が実現する可能性も高くなるのもポイントです。

車一括査定サイトは「完全無料」で利用できる

このように非常に便利な「車一括査定サイト」ですが、その利用料は基本的に「完全無料」。車を売る側は余計なお金をかけずに、効率的に車を高く売るためのサービスが利用できます。

デメリット:電話の件数が多いなど

業者からの電話に対応する必要がある

車一括査定サイトごとに提携する業者数は異なりますが、多くの業者から電話がかかってくると心配されるかもしれません。ただし、多くの車一括査定サイトでは査定依頼の際に「折り返しはメール連絡希望」と選択できますし、その旨備考欄に書いておけばメールで連絡してもらえるので、電話による煩わしさは軽減されています。

なお、細部の確認などのため電話でのヒアリングが必要なケースもありますが、スピード売却や高額査定につながることもあるので無理のない範囲で対応すると良いでしょう。

業者からの訪問に対応する必要がある

候補の業者に訪問査定を頼む場合は対応する必要があるので、スケジュール調整が必要です。

「買取」「下取り」「一括査定」の違いを比較

車を売る方法は、大きく分けて「買取」と「下取り」の2つがあります。どちらの方がより車を高く売ることができるのでしょうか。ここでは、買取と下取り、それぞれの特徴とメリット・デメリットを比較してみましょう。

買取の特徴

車の買取とは、買取業者の査定によって車を売却する方法を指します。
買取のメリットは、複数の買取業者に査定を出してもらい、最も高値を付けた業者に買い取ってもらうことができる点にあります。
一方、買取のデメリットは、基本的にはそれぞれの業者と連絡を取り合う必要があるため、査定してもらうのに手間がかかることもある点でしょう。

下取りの特徴

車の下取りとは、新車購入の際に、車の販売業者(ディーラー)に現在乗っている車を売却する方法です。
車の下取りのメリットは車の処分が簡単であることと、下取りでついた金額を新車購入の費用に充てられることにあります。
デメリットとしては、下取りできるメーカーや車種が限定されるケースがある点です。また、買取と比較すると査定額が低くなりがちな点もデメリットと言えるでしょう。

一括査定の特徴

車を高く売るなら、下取りよりも買取がおすすめです。買取の場合は業者間で価格競争が起きるため、相場以上の高額査定となることが期待できます。ただし、そのためには複数の業者へ効率的に査定を頼む必要がありますが、そんな場合にこそ車一括査定サイトが役立つのです。複数の業者から査定を出してもらえるので、最も高額査定をしてくれる業者に売却できます。車を高く売りたい方は、車一括査定サイトを活用して買取を検討すると良いでしょう。

車一括査定サイト利用の流れ

車一括査定サイトは車を売却するまで、以下の5ステップで完了できます。

step
1
サイトにアクセスして必要事項を入力する

車一括査定サイトにアクセスして、車の査定に必要な情報を入力します。売却を検討している車のメーカー、車名、車タイプ、事故歴のほか、氏名・住所といった個人情報など、必要な情報を全て入力して査定の依頼(申し込み)をしてください。サイトによっては、電話やLINE での依頼を受け付けているケースもあります。

step
2
業者からの連絡~査定日の決定

車一括査定サイトに入力した情報や査定の依頼はサイトで提携している業者に送信され、すぐに連絡が来ます。業者ごとに査定日を決定してください。複数の業者を同じ日時に呼ぶことも可能ですが、その場合はそれぞれの業者にあらかじめ説明しておくと良いでしょう。

step
3
査定終了~売却する業者の決定

査定が終了すると、買取金額が提示されます。複数の業者が提示した買取金額やサービスなどを比較して、売却する業者を決定しましょう。

step
4
契約

売却する業者を決定したら契約に移ります。契約の際にはその内容をよく確認することが重要です。また、車検証、自賠責保険証、印鑑登録証明などの必要書類があるので、業者に確認して準備しておきましょう。

step
5
車両の引き渡し~入金

上記が全て完了したら車両を引渡し、その後入金となります。金額に間違いがないか確認しましょう。

車一括査定サイト利用時のよくあるトラブルと注意点

車一括査定サイトを利用する際に起こりうるトラブルと注意点を知っておくと、上手に活用することができます。以下、よくあるトラブルと注意点についてご紹介します。

営業電話が多くかかってくる

車一括査定サイトを利用すると、車を売って欲しいと多数の買取業者から営業電話がかかってくることもあります。「売却先が決まった」と言えばもう電話はかかってきませんが、念のため連絡先はメールにしておき、時期も買取業者の繁忙期を外すなど工夫しておくと減らすことができます。

査定後に減額される

買取金額に基づいて契約したにもかかわらず「後でよく調べたら不都合が見つかったから買取金額を減額する」と連絡してくる業者も存在します。これは「再査定」とも呼ばれますが、一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)などでは禁止されている行為です。そのため、JPUCなどの団体に加入している業者が登録しているかどうかは、安心して利用できる一括査定サイトの目安のひとつと言えるでしょう。

キャンセルで解約金が発生する

「はじめはこの業者に頼もうと思ったけれど、やはり他の業者に売却したい」というケースもあるでしょう。業者によってはキャンセルに対して解約金を請求するケースもあるようです。そのため、契約前に「仮にキャンセルした場合解約金などが発生するか」についてよく確認しておきましょう。このようなキャンセルペナルティも、一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)などでは禁止されています。JPUCなどの団体の加入業者を選ぶことはトラブルを避ける良い方法のひとつと言えるでしょう。

まとめ

車を売る方法には主に「買取」と「下取り」がありますが、買取の方が高値で売りやすいです。特に車一括査定サイトを利用すると、複数の業者が価格競争をするため相場以上の高値となることが期待できます。

車一括査定サイトを利用すれば個別業者対応のわずらわしさが軽減されますし、金額が気に入らなければ断ることも可能です。

ご紹介した車一括査定サイトは全て「完全無料」で利用できますので、気軽に活用すると良いでしょう。 ご自分の車がいくらで売れるのかを知っておくためにも、うまく使いこなしたいですね。より適切、詳細に査定してもらうなら、売却したい車の種類に特化した車一括査定サイトを選ぶのがおすすめです。

Copyright© 【2020ベスト版】車の一括査定おすすめ12選!不明な点が即解決 , 2020 All Rights Reserved.